『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』は、沖縄戦を生き延びた住民、軍や県の関係者、その遺族らへの取材を通じ、これまで多くを語られることのなかった島田叡という人物の生涯と、語り継ぐべき沖縄戦の全貌に迫った長編ドキュメンタリー。『米軍(アメリカ)が最も恐れた男、その名はカメジロー』2部作で沖縄戦後史に切り込んだ佐古忠彦監督が、牛島満32軍司令官から島田にあてた手紙の内容等、新たに発掘された資料も交え、沖縄の知られざる戦中史に迫った野心作だ。

語りは、山根基世、津嘉山正種、そして佐々木蔵之介が島田叡の語りを担当。小椋圭の主題歌『生きろ』はオリジナルで作られ、自身のラストアルバム「もういいかい」にも収められている。

・3月6日(土)沖縄:桜坂劇場にて先行公開

・3月20日(土・祝)東京:ユーロスペースほか全国順次公開

生きろ 島田叡戦中最後の沖縄県知事 プレスシート最終